ホーム  >  ドライバー派遣  >  紹介予定派遣について  >  紹介予定派遣導入の流れ

ドライバー派遣 driver staffing

紹介予定派遣導入の流れ

紹介予定派遣は、通常の派遣の場合と異なり、派遣開始前に履歴書による選考や面接、試験を行なうことが可能です。
紹介予定派遣であることを派遣先、派遣スタッフ、派遣元の三者が合意の上で契約を行い、お客様の業務に就業いたします。この際に人材が貴社に最適かどうかを見極めます。
人材を見極める派遣期間は最長6ヶ月までとなっており延長する事はできません。
企業と派遣スタッフの双方が合意すれば正式採用への手続きをし、直接雇用(社員、契約社員等)として雇用して頂きます。
雇用形態は、正社員、契約社員、パート(アルバイト)のいずれかになります。
下記のフローをご覧下さい。

求人依頼
弊社のコーディネーターが、お客様が求めている人材の詳細を伺います。 その際には「求人票」を提出していただきます。
01
↓
貴社ニーズに合った人材を選出
お客様のニーズに合った最適な人材を選出し、紹介予定派遣の契約を交わします。(履歴書による選考や面接、試験を行なうことが可能です)
02
↓
紹介予定派遣による就業開始
派遣スタッフがお客様の企業に就業いたします。この派遣期間に人材を見極めます。
(派遣スタッフを見極める期間は最長で6ヶ月までとなっております)
03
↓
企業・スタッフの合意
企業、派遣スタッフの双方が合意すれば、入社手続きができます。 派遣労働者を雇用しない場合はその理由を書面で提出する必要があります。
04
↓
正式採用
給与などの待遇を決めて行きます。直接雇用する際に、改めて試用期間を設けることは出来ません
05

プラウドへのお問合せはこちら! 資料請求・お問合わせはこちら!